チーム及びアドバイザー
ヘンリーシュテレンバーグ・創業者兼CEO ヘンリー・シュテレンバーグは、ビジネス戦略家であり、MBAを取得し、25年にわたり複数の伝統的な業界や業種で事業運営を成功させた経験を持つ実践的な起業家です。また国際投資と貿易の専門家であり、金融業界でカリスマ的な交渉人としても有名です。 2003年、マサチューセッツ州ウエストウッドに地域最大の子ども向けスポーツ・教育プロジェクト、NESA LLCを設立。2011年から2016年まで、ウクライナ・アグロバレー協会で国際外交部長を務める。その後、国際金融会社 Briggs Capital のシニアパートナーに就任。 2020年11月、シュテレンベルグ氏は、世界的な世界貿易センター協会に属する世界貿易センター・キエフの社長に就任。 経験豊富なビジネスマンであるヘンリー氏は、メタバースを、無限の可能性を秘めた暗号トレンドの新境地として認識。競馬への情熱も相まって、ヘンリー氏は、最もリアリティの高い競争馬やグレイハウンドのレース、そしてメタバース空間を開発するチームを結成することを決意。 そして彼のチームは過去1年間、馬騎手や調教師と協力し、現実の競馬を反映したリアリティ溢れる競馬メタバース・エコシステムの開発に成功。 モハン・セネヴィラトネ 最高技術責任者 (CTO) 20年以上のITテック業界経験を持ち、高度なスキルを持つアプリ開発者及びソフトウェアエンジニアです。彼は数多くのプロジェクトで開発者チームを牽引しており、以前は様々な異なるソフトウェアツールを開発・販売する会社を自身でも経営。ブロックチェーンやNFTプロジェクトの開発者としても多くの経験を持つ、当プロジェクト技術責任者。 ジンヒー・キム ゲーム 開発最高責任者 2013年からアンドロイド、iOS、ウェブ / HTML5プラットフォーム、そしてデスクトップアプリケーションのゲーム開発に携わる開発責任者。ユービーアイソフト 、アサシンクリード、プリンスオブペルシャなどの多くの有名なビデオゲーム開発に関わる経験を持つ。同時に自身も熱狂的なゲーマーであり、PlayToEarn ブロックチェーンゲームのプレイ経験も豊富。 ジェローム・フー ゲーム 美術監督 過去17年間、ジェロームは様々な映画会社やゲーム会社に在籍。最近では有名なファンタジー系NFTの1つでリードアーティスト及びアートディレクターを兼任。PvP(プレイヤーVSプレイヤー)や PlayToEarn (プレイトゥーアーン) ブロックチェーンエコシステムの構築、ゲーム内の異なる資産デザインなど(アバター、アイテム、環境、アニメーションなど)当プロジェクトのデザイン責任者。 ジェイソン・ヤン チーフアーキテクト (建築家)& デザイナー 世界で最も権威のある有名な建築学校を卒業した後、シンガポールタトラーズTOP300に選出され、最も有望な若手デザイナーとして賞を受賞。また、2016年の世界建築賞でも表彰を受ける。 イウタ・ベディア 広報ディレクター ブロックチェーンテクノロジーに強い関心と情熱を持った経験豊富なマーケティング及び広報専門家。早くから暗号通貨業界に関わり、暗号通貨関連プロジェクトのマーケティングや販売などで豊富な経験を積む。また、ブロックチェーンや暗号通貨マーケットの最新トレンドに関する市場分析や調査を得意とする。 デスモンド・コー シンガポールで最も有名な競馬調教師の1人 デズモンドはカリフォルニアの競馬調教師、イアン・ジョリーの下で調教師としてのスタートをきり、1997年にアシスタント調教師に昇進。そしてアメリカでは殿堂入調教師として有名なジャック・ヴァンバーグからも指導を受ける。デズモンドは2000年にプロ調教師の免許を取得し、2004年半ばにマラヤンレーシング協会のライセンスを取得。自身の厩舎を設立した直後、デズモンドは2つの特別なタイトルを獲得。(2007年スチュワーズカップ・セーフティーアウトレット、2008年パトロンズボウルウィズフェノム)その後、2012年にはCHASE MEとグループ1 エミレーツ・シンガポールダービーで最大の勝利を収め、グループ2 チェアマンズトロフィーを獲得。 高岡秀行 調教師歴30年の日本人プロ調教師 高岡秀行(たかおかひでゆき)調教師(元騎手)1992年に調教師免許を取得し、10年間以上地方競馬全国協会(NAR)に所属し経験を積んだ経歴を持つ。彼の北海道トレーニングベースでは、様々なグレードレースも含めて全337勝を挙げた。2000年には54勝でNARトレーナーズチャンピオンシップのトップに立ち、北海道競馬NARグランプリでは最優秀調教師にも選出。2002年にシンガポールに移住し、シンガポールで数々の勝馬を育成し、中でも主に2つの偉業が記憶に残っている。エルドラドという同じ馬でシンガポールゴールドカップを3度制覇(2008、2009、2011)し、2009年の4歳三冠路線では、ジョリーズシンジュで名高いシンガポールダービーの頂点に輝き、三冠を達成した。 ホセ・L・ヴェレンズエラ プロジョッキー インターナショナルG1優勝、アメリカ、ベネズエラ、中東(ドバイ・サウジアラビア)、アジア(シンガポール・マカオ)のステークスウィナー 藤田伸二
日本で最も成功し輝いたプロジョッキーの1人で日本競馬界の伝説的なジョッキー。 93回のハイステークスと21回のG1勝利を含む、合計1918回の勝利を現役中に獲得。 生涯獲得賞金は、350億円以上にのぼる。
Copy link